M字ハゲ 10代 AGA

10代のM字ハゲを回復させるには?

 

 

生え際を気にする男性

M字ハゲって今は育毛剤だけで回復できるんですよ!

 

もちろん、「つけた次の日にはフサフサになった!」というような魔法のような効果ではないですが、M字ハゲを回復させるには法則があります。
発毛までの期間はあとで説明しますが、今は育毛剤だけかなりの短期間で発毛させることが可能です!
ただし、正しい育毛剤選んだ場合のみですよ。

 

もちろん10代の人で、頭がツルツルに髪がなくなったって人はほぼいないと思いますが

 

「生え際が徐々に後退してきている・・」
「あれ?こんなに生え際広かったっけ?」

 

って思って気になっている人はいますよね。
そういう人は今後どのように対策していくのでしょうか?

 

  • 「育毛シャンプーを使えば現状維持はできるだろう」
  • 「まだ10代だから最悪隠すことならできる」
  • 「AGAクリニックで高いお金払わないとM字ハゲって治らないんでしょ」

 

って思っていませんか?

 

ここでは、M字ハゲの正しい知識と回復に効果がある育毛剤を紹介しています。
想像してください、M字ハゲを治すことで、

 

女性の指差し

 

 

鏡で生え際を見ることによる精神的な疲労がなくなる!
M字ハゲが気にならなくなり、他のことに集中できる!
前髪を上げた男らしい髪型にチャレンジできる!

 

などメリットは数えたらきりがありませんね!

 

10代のM字ハゲはAGAが原因!

薄毛、ハゲの進行の仕方はひとそれぞれです。中でも男性に多い薄毛が「M字ハゲ」。おでこの左右から剃りこみを入れるように薄毛が進行していくタイプです。
このタイプは男性の薄毛の中では比較的多いタイプの薄毛です。

 

最近では、この「M字ハゲ」の原因が80%以上、AGAつまり男性型脱毛症が原因であることがわかってきました。

 

AGAによる薄毛の進行の仕方はいろいろありますが、下記画像のようにM字ハゲは剃りこみ部分から薄くなり、最終的には前頭部から頭頂部(つむじ辺り)までの髪がなくなっていくタイプになります。

 

下記画像の「M型」がいわゆるM字ハゲタイプになります。
AGAの種類

 

このM型の進行具合が「初期」「中期」「末期」にいくにつれて、回復までの期間が長くなってしまいます。

 

ただ、AGAというのはCMでよく言われているとおり「病気」であるため、適切な治療をすれば治すことができます。
よく薄毛を治すには「バランスの良い食事が大事」「睡眠時間が大事」などとよく言われますが、AGAのような進行性の病気(一度発症するとどんどん進行していくタイプの病気)はただ、生活習慣で治すことはできません。

 

病気の原因をしり、原因にそった治療をすることで初めて改善されるのがAGAです。

 

次に、どのような生え際がM型の「初期になるのか」画像を使って説明していきす。

M字ハゲの前兆や兆候を見て自分と比較しよう。

M字ハゲ初期(タイプ1)

 

M字ハゲの画像

 

これは、だいぶわかりやすい例です。見たままですが、前髪の生え際がちょうどアルファベットの「M」になっています。

 

M字ハゲ初期(タイプ2)

 

M字ハゲの画像

 

これはタイプ1に比べると、剃りこみ部分の薄毛の深さが浅いですが、ちょうど額の真ん中をのこしてM字になっていくパターンです。

 

進行したM字ハゲ

 

M字ハゲの画像
M字ハゲ
M字ハゲ

 

  • 1番上の画像はM字ハゲが進行してきて、お風呂あがりなどで髪が濡れている状態の画像です。
  • 2番目はどんどん髪の密度が小さくなり、M字の剃りこみ部分の髪がどんどんなくなっています。
  • 3番目の画像は2番目の画像がさらに進行した状態で、細い髪すらも生えなくなっている状態です。

 

 

繰り返しになりますが、生え際の薄毛は頭頂部やつむじ周辺の薄毛にくらべて、治すまでの期間が長くなる傾向があります。

 

 

そのため、M字ハゲの場合は「将来生え際が後退してきたら対策しよう」ではなく、「将来さらに生え際が後退しそうだから10代のうちに対策しよう」と考えることが正解です

 

では、M字ハゲを回復させるにあたり、どのようなことが必要でしょうか?

M字ハゲの回復にはまず、AGAの原因を知ることが大事!

M字ハゲの大きな原因であるAGAとはどういう仕組で発症することを知ると、どの育毛対策をするべきかがわかってきます。

 

ただやみくもに、

 

AGAの発症の流れをわかりやす図で示したのが下記画像です。

 

 

AGAの原因

 

 

 

AGAで髪の脱毛を引き起こすのは、「ジヒドロテストステロン」というとても強い男性ホルモンです。

 

このジヒドロテストステロンが生成されるまでには、過程があります。
まず、男性の体内なるテストステロンという男性ホルモンが、同じく体内にある5αリダクターゼという酵素(体を正常に動かく成分と思ってください)と合体することによって、ジヒドロテストステロンが生成されます。

 

そして、このジヒドロテストステロンの影響特に受けやすいのが、髪の生え際、剃りこみ部分、つむじ辺りの後頭部です。
男性の薄毛の原因の80%以上がAGAであることがAGAクリニックや日本皮膚科学会などの調査でわかっています。

 

AGAによる髪の脱毛を防ぐには、このジヒドロテストステロンが生成されないようにする状態にすることが必須です。

 

ジヒドロテストステロンが生成されないようにする方法は、AGAクリニックや病院が一般的ですが、今ではもっと手軽に自宅で治療できる方法も増えてきました。

AGAを抑えてM字ハゲを回復できる育毛剤が登場!

チャップアップの画像

 

AGAという言葉が一般的になってきた当時は、AGAの治療=病院というイメージでしたが、今では育毛剤で治療、回復することが可能になってきました。
AGA治療ができる育毛剤は、病院での治療にくらべ治療費が安く済ますことができ、自宅で手軽に対策できる点が大きなメリットです。

 

AGA治療ができる育毛剤は5αリダクターゼとテストステロンの結合を防ぐことで、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることにできるドラッグストアや薬局には売っている市販の育毛剤にはない効果があります。

 

そのためAGAが原因である、生え際が後退するM字ハゲの治療は、育毛剤で治した人が今多くいます。

 

 

  • M字ハゲを治したい
  • 将来M字ハゲ型のAGAで薄毛になるのが心配
  • 額の剃りこみ部分が深い

 

そんな悩みを持つ方に、

 

M字ハゲを作るAGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑える育毛剤

 

を配合されている成分をもとにランキングにしました!

 

育毛剤選びで肝心なのは「AGAを抑える有効成分がきちんと入っているかどうか」です。
育毛剤の商品やホームページを見ただけではわかりにくい育毛剤の有効成分を解析しました。

AGAの原因!ジヒドロテストステロンを抑える育毛剤ランキング!

チャップアップ
 
  • AGA抑制成分が育毛剤では最多の4種類配合
  • AGA治療で日本皮膚科学会で推奨されているミノキシジルと同等の発毛成分の「M-034」を配合
  • AGA抑制と発毛促進を同時に行うため30日以内での発毛が可能
  • 皮膚科の医師も推奨の未成年でも使える副作用のない育毛剤
  •  
  • “最大56%OFF!WEB半額キャンペーン中!”
AGA抑制成分 発毛成分 容量
4種類(オウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス) あり(M-034) 120ml(1ヶ月〜2ヶ月)

 

チャップアップの詳細

 

 
イクオス

イクオスの画像

薬用プランテル

薬用プランテル

AGA抑制成分 1種類(オウゴンエキス) 1種類(オウゴンエキス)
発毛成分 あり(M-034) なし

 

イクオスの詳細


プランテルの詳細

 

 

 

チャップアップが今選ばれる5つの理由!

 

ジヒドロテストステロンを抑える成分が一番多い
発毛成分である「M-034」が配合されている
皮膚科の医師も推奨されていて信頼が高い
副作用もなく安心してつかえる
最大56%OFFの大幅割引WEBキャンペーン中!