M字ハゲ 10代 AGA

90日で生え際の薄毛、M字ハゲ回復!〜1日約90円の本格AGA治療〜

低予算で生え際の薄毛とM字ハゲのAGA治療ができる方法

 

 

ここではAGAクリニックで行う治療を、簡単にお金をかけず行う方法を紹介しています。

 

 

毛母細胞の働きが弱まっていない、髪が薄くなってきたと感じた時から「半年〜1年半以内」の初期段階の生え際の薄毛、M字ハゲの方が対象です。
※毛母細胞が弱い状態だと髪の発毛が難しくなります

 

 

また

  • AGAの薬を処方してもらえない10代未成年(高校生、大学生など)
  • お金はかけられないけど生え際の薄毛、M字ハゲをなんとかしたい人

と思っている人にも役立つ情報を公開しています。

 

 

予算は1日約90円!90日で生え際の薄毛、M字ハゲを育毛剤を使って薄毛が気にならない程度に回復させる方法

 

 

を詳しく解説しています。

 

 

もちろん回復期間や効果には個人差があるのでピッタリ90日ではないですが、だいたいこれくらいの期間で薄毛が気にならなくなるレベルまで回復できます。

 

 

普段テレビをみててタレントやお笑い芸人で髪が薄かったのに、いつの間にか回復してる人っているじゃないですか。
あれってAGAクリニックで治療した効果なんです。

 

 

でもAGAクリニックってうん十万円のすごく高い治療費が必要ですよね。

 

 

このサイトでは、AGAクリニックで薄毛を治すノウハウをお金をかけず簡単にできる方法を紹介しています。

 

 

また、生えた(発毛した)髪を低予算で維持する方法も一緒に説明しています。

 

生え際の薄毛、M字ハゲを治すのに高い育毛シャンプーやAGAクリニックに行く必要はありません。
薄毛を克服することで

 

 

  • 周りにハゲをいじられないようになる
  • 鏡を見てもショックをうけたり鬱な気分にならない
  • 何よりもう髪のことで余計なお金や悩む時間を使わなくて済む

 

 

ようになります。

 

ただ効果は毎日継続して続けられる人のみに現れるので、継続できる自信がない人は見ないでください。

 

(1)これだけは知って!M字ハゲ、生え際の薄毛の原因

 

 

M字ハゲと生え際の薄毛のAGAの仕組み

 

 

まず、間違った対策をしないように生え際の薄毛やM字ハゲの原因をしっかり認識しておく必要があります。

 

 

結論から先にいいますと、

 

 

生え際の薄毛、M字ハゲに原因の90%以上がAGA(男性型脱毛症)であることが、日本皮膚科学会などの研究機関の調査で判明しています。

 

 

AGAは生え際の薄毛だけではなく、後頭部のつむじ周辺から薄くなるパターンもあります。
AGAは例外なくこの2つのパターンのどちらか、もしくは両方で発症します。

 

 

そのため、生え際の薄毛、M字ハゲを回復させるにはまずAGAの進行を止めなければいけません。
そしてAGAは進行型の病気であるために、進行を開始してから半年〜1年半以内に治療が理想です。

 

 

それはなぜかというと、AGA治療ができるのは髪を発毛させる毛母細胞が生きているという前提があるからです。

 

 

毛母細胞の寿命は、個人差はありますが薄毛が発症してから半年〜1年半です。

 

 

その間にAGA対策を行わないと抜けた髪はもとに戻らなくなります。

 

 

そのため、生え際が薄くなってきたと自分で自覚した時点、周りに薄くなったと指摘された時点で早め早めに対策したほうがよいです。

 

 

では、AGAはどのようにして対策していけば良いのでしょうか。
AGAクリニックでの治療をもとに紹介しています。

(2)生え際の薄毛、M字ハゲを治す2つの大事な工程と発毛のタイムリミットについて

発毛までのタイムリミット

 

 

AGAが原因である生え際の薄毛、M字ハゲを治すにはまず2つの工程があります。
これは、どのAGAクリニックでも同じ工程で治療をしている方法です。

 

 

  • まずAGAの進行を止める
  • そして抜けてなくなった髪を発毛させる

 

 

言われてみれば単純ですが、どの工程もその1つだけ行うことは意味をなしません。

 

 

例えば
「AGAの進行を止める」だけでは、抜けた髪は発毛しません
「抜けてなくなった髪を発毛させる」だけでは、今ある髪がAGAの影響を受けて抜けてしまいます

 

 

「AGAの進行を止め」なおかつ、「抜け毛なくなった髪を発毛させる」ことを同時に行う必要があります。

 

 

そして、この2つの工程を可能な限り、早い段階で行うことが大事です。

 

なぜなら、

 

髪を発毛させる毛母細胞は、AGAの影響で髪が抜けてから半年〜1年半ほどで細胞の活動が弱まってしまうからです。

 

 

毛母細胞の活動が弱まると、自力で発毛は難しい状態になります。

 

 

薄毛の自覚があり、「最近生え際が後退してきた」「M字ハゲが進行してきた」と思っているのなら、できるだけ早く対策を行うことがベストです。

(3)AGAクリニックで使う必須の2つの薬と成分とは

薬を飲む学生

 

AGAクリニックでAGAを治療する場合は、主に2つの薬を使います。

 

 

  • フィナステリド(プロペシア、フィンペシアなど)
  • ミノキシジル

 

 

(プロペシア)
プロペシアと高校生

 

(ミノキシジル)
ミノキシジルと大学生

 

 

この2つを使って治療します。
他にも育毛サプリメントや育毛シャンプーも一緒にすすめるクリニックもありますが、あくまでフィナステリドやミノキシジルの治療がメインです。

 

 

この2つ成分のみでAGA治療を行うといっても過言ではありません。
フィナステリドとミノキシジルの治療は、AGA治療の効果の80%以上を占めます。

 

 

育毛サプリメントや育毛シャンプー、生活指導(食生活や睡眠について)などもAGAクリニックでは行いますが、あくまで補足的なものと考えて下さい。

 

 

なぜこの2つの薬による治療がメインなのかというと、AGAは病気だからです。

 

 

薄毛の原因は一般的にAGA以外では、ストレスだとか、食生活のバランスが崩れているだとか、遺伝だとか言われることが多くあるかと思います。
もちろん、その影響による薄毛のパターンもあります。

 

 

ですが、生え際の薄毛、M字ハゲに関していえばほぼAGAが原因であることは先にもいいました。

 

 

そのため、AGAは病気なので薬を使うことがメインの治療となるのは当たり前といえば当たり前です。

 

 

例えば、インフルエンザにかかった時は病院でタミフルの薬を処方されると思います。
ただ寝てるだけ、健康的な食事をするだけでインフルエンザが治る人はいません。
なぜなら、インフルエンザは病気だからです。

 

 

これと同じように、AGAも睡眠時間の改善や食生活の改善では治りません。
AGAは薬で治す病気なのです。

 

 

ここを間違えて、AGAが生活習慣病と勘違いしていると、食生活の改善、睡眠時間の確保、シャンプー変えることばかりに目がいってしまいがちになります。

 

 

では、AGAクリニックやAGA治療に対応している皮膚科にいけば、大丈夫なのでしょうか。

 

 

そこには、大きな2つの壁がありました。

(4)未成年が治療できない現実、高額な費用

お金がかかるAGAクリニック(高額)

 

生え際の薄毛、M字ハゲの原因はAGAでフィナステリドとミノキシジルで治療することはさきにも説明したとおりです。

 

 

ですが、AGAの治療には2つの問題があります。

 

 

  • 未成年はAGA治療の薬が処方されない
  • AGA治療には高額な費用がかかる

 

 

未成年はAGA治療ができない

未成年のAGA治療

 

 

AGA治療で使われるフィナステリド(プロペシア、フィンペシアなど)とミノキシジルは、未成年(20歳未満)には禁止されている薬のため未成年はAGA治療が受けられません。
未成年が治療できない大きな理由の一つに、薬の副作用があります。
主な副作用は下記のとおり。

 

  • フィナステリドの副作用:勃起障害、精力減衰、精子の異常など
  • ミノキシジルの副作用:心臓疾患、肝機能障害など

 

特に10代の未成年に影響が大きいのが、フィナステリドの副作用です。
フィナステリドは、男性ほ精巣(いわゆるキンタマ)に直接作用する薬のため、成長途中である10代にはリスクがかなり高い薬です。

 

 

フィナステリドの使用が未成年に禁止されている原因は、大きくここにあります。

 

 

10代の未成年の高校生や大学生でもAGAクリニック、もしくはAGA治療を行っている皮膚科にいっても診察はしてくれますが、薬は処方されません。
「20歳になったらまた来てくださいね」と言われ終わりです。

 

 

20歳になったら治療を受けられますが、20歳までに髪が抜け、毛母細胞の活動が弱まるとAGAクリニックでも発毛が難しくなります。
AGAは未成年でも発症するのに、未成年だからという理由で治療してくれません。

 

 

もどかしいですが、AGA治療の現状です。

 

 

AGA治療の高額な費用

AGAでお金を使い果たす学生

 

 

AGAクリニックで行われている治療は、かなりの高額です。
理由はAGAの治療は、保険が効かない全額患者負担の治療のためです。

 

 

保険が適用される病気は、一般的にほおっておくと命の危険性をはらんでいるものに適用されます。

 

 

ですがAGAは命に関わる病気という対象にならないために、医療の法律上、保険が適用されない種類の病気に分別されています。

 

 

AGA治療の費用は、皮膚科かAGA治療専門のクリニックかによって変わります。

 

だいたいの相場ですが、

 

  • 皮膚科:月1万〜2万
  • AGAクリニック:月2万〜3万5千円

 

です。

 

 

この治療費をAGAクリニックでは、薄毛が治るまでの間はもちろんのこと、薄毛が治ったあとも永遠に支払うことになります。

 

 

今後の人生を大きく左右する髪のためのとはいえ、かなりの経済的負担になるのはあきらかです。

 

(5)新時代の育毛剤が登場。未成年も使え、価格も安い

チャップアップと高校生

 

AGAクリニックは未成年が利用できない、できたとしても高額な治療費は負担がとても大きい。

 

 

そこで登場したのが、AGA治療ができる育毛剤です。

 

 

2010年代に発売されてから、一気に普及していきました。
AGA治療ができる育毛剤の特徴は

 

 

  • フィナステリドのように、AGAを抑制する成分が配合されいる
  • ミノキシジルと同等の発毛成分が配合されている
  • 副作用がないため未成年でも使用できる
  • コストパフォーマンがいい

 

 

です。

 

 

フィナステリドのように、AGAを抑制する成分が配合されいる

AGA治療対応の育毛剤には、フィナステリド(プロペシア、フィンペシアなど)と同じように、AGAの発症を抑制する成分が配合されています。

 

 

加えて、配合されている成分は化学成分ではなく、自然から作られた天然成分のため、フィナステリドのような副作用は一切ありません。
そのため、
未成年でも使用できるAGA治療薬として使うことができます。

 

 

ミノキシジルと同等の発毛成分が配合されている

ミノキシジルと同じ効果がある成分が配合されています。

 

 

それが、ミノキシジルの次世代成分である「M-034」という成分です。
M-034は簡単にいうと、副作用のないミノキシジルです。

 

 

しかもこの「M-034」という成分も化学成分ではなく、自然から作られた天然成分で作られているため副作用は一切ありません。
そのため
未成年でも使用できる発毛成分として使われています。

 

未成年でも使用できる

これまで説明したとおり、AGA治療対応の育毛剤は、主要なAGAを抑える成分と、髪を発毛させる成分がどちらも天然成分のみで作られています。
そのため勃起障害や精力減衰、心臓疾患や肝機能障害などの副作用のリスクはありません。

 

 

したがって、10代でAGAが発症した中学生、高校生、大学生の学生でも使用できるのが大きなメリットです。

 

 

コストパフォーマンがいい

AGA対応治療対応の育毛剤は、1本の価格が1万円未満で購入できる上に、1本で使える容量が比較的多いため、コストパフォーマンが優れているといえます。

 

 

また、生え際の薄毛やM字ハゲの初期段階では、薄毛の面積も少ないため、毎日生え際のみの使用で長期間(2ヶ月〜3ヶ月)の使用も可能です。

 

 

 

では上記条件を満たした育毛剤は、実際にどのようなものがあるのか見てみましょう。
売り上げデータ別にAGA治療ができる育毛剤を調査しました!

(6)AGA治療ができる育毛剤売り上げランキング!

チャップアップ
 
  • AGA抑制成分が育毛剤では最多の8種類配合
  • 生え際の発毛に必須の発毛成分「M-034」を配合
  • 皮膚科の医師も推奨される信頼性
  • 30日間の全額返金保証付き(定期便なら永久保証)
AGA抑制成分 発毛成分 容量
8種類 あり(M-034) 120ml(1ヶ月〜3ヶ月)

 

チャップアップの詳細

 

 
イクオス

イクオスの画像

薬用プランテル

薬用プランテル

AGA抑制成分 1種類(オウゴンエキス) 1種類(オウゴンエキス)
発毛成分 あり(M-034) なし
詳細

イクオスの詳細

プランテルの詳細

 

 

チャップアップが今選ばれる5つの理由!

 

AGAを抑える成分が一番多い
発毛成分である「M-034」が配合されている
皮膚科の医師も推奨されていて信頼が高い
副作用もなく安心してつかえる
男性用育毛剤で売り上げNo.1

(7)【治療期間約90日】薄毛が治る過程、使い方

育毛にはげむ高校生

 

 

育毛剤のチャップアップの使用を例に、生え際の薄毛、M字ハゲが治る過程を説明します。

 

 

仮にチャップアップの育毛剤を単品で購入した場合、

 

 

単品価格8,060円(本体価格7,400円+送料660円)÷90日=89円

 

つまり一日約90円で生え際の薄毛、M字ハゲを治療することが可能になります。
※薄毛の範囲によって使用量が変わってきますので、あくまで参考の数値です。

 

 

過程としては、使用後の下記期間と順序で薄毛が徐々に改善していきます。

 

 

  • 約15日:抜け毛が減ったのが目でわかる
  • 約30日:生え際に産毛が生えているのを目で確認できる
  • 約60日:生えた産毛が徐々に太くなり、長さも長くなる
  • 約90日:頭皮の見せる面積が少なくなり、薄毛と感じなくなる

 

 

使用方法は、朝と夜に1回ずつ。合計2回、薄毛が気になる生え際に育毛剤を塗装します。
使用後は、育毛成分が頭皮に浸透しやすくするため頭皮マッサージを行います。

 

 

マッサージの詳しい方法は、育毛剤を購入すると一緒にガイド冊子が入っているので、そちらを参考にするとよいです。

 

 

ポイントは、「髪につけないで頭皮のみに塗る」ことです。
育毛剤は頭皮について初めて効果を発揮します。

 

育毛剤を使用後、髪が濡れている状態だとつけすぎですので気をつけてください。

 

(8)【90日後】薄毛が治ったあとの髪の維持方法

(ディアナチュラ ノコギリヤシ)
AGAとノコギリヤシ

 

発毛した髪はそのまま何もせずに放置しておくと、育毛剤をつける前の状態に徐々に戻っていってしまいます。

 

 

もちろんAGA治療ができる育毛剤を買い続け、使い続けることにこしたことはありません。
ですが、「発毛した髪の維持のみ」なら、フィナステリドやAGA治療の育毛剤以外を使わずとも、身近なサプリを使うことで実はできます。

 

 

 

育毛のことを詳しく調べたひとなら、1度から2度は聞いたことあると思いますが「ノコギリヤシ」という成分が入ったサプリです。

 

ノコギリヤシはあまり知られていませんが、フィナステリドと同じAGAを抑制する効果があります。
もちろん、フィナステリド同じくらいの強さではありませんが、発毛した髪を維持する程度なら実はノコギリヤシサプリで充分だったりします。

 

 

フィナステリドは、かなり強い化学成分が使われているので、フィナステリドのみでまれに髪が発毛することもあります。

 

 

ノコギリヤシは自然界にあるノコギリヤシという薬草の成分を使っており、ノコギリヤシのみで発毛するということはありません。
ですが、発毛した髪を維持する程度のパワーがノコギリヤシにはあります。

 

 

ノコギリヤシのサプリを毎日飲み続けることで、育毛剤で発毛した髪がもとに戻ららないように維持し続けることができます。

 

 

ノコギリヤシはネットでも手軽に購入できますし、ドラッグストアのサプリメントコーナーにも大抵置いてあるので、購入にも不自由はしません。

まとめ

AGA治療をするお医者さん(皮膚科)

 

AGAが原因である生え際の薄毛、M字ハゲを治す方法について詳しく説明しましたがいかがでしたでしょうか。
「AGA」という言葉が一般的になった10年ほど前に比べて、今は病院やAGAクリニック以外にも治療の選択肢が増えましたね。

 

ただ今回紹介した対策方法、対策の順番、育毛剤の選び方を間違えると失敗しますので注意が必要です。

 

まとめると

 

  • 生え際の薄毛、M字ハゲはAGAが原因
  • AGAの進行を止めることと発毛させることを同時にしないと意味がない
  • 未成年はAGAクリニックで薬を処方をしてもらえないが、AGA治療ができる育毛剤で対策できる
  • 薄毛が回復したあとの髪の維持は、ノコギリヤシで維持するのが経済的

 

先にも説明したとおり、髪は薄毛が進行したと半年〜1年半で毛母細胞の活動が弱まります。

 

 

毛母細胞の活動が弱まると、育毛剤でもAGAクリニックでの発毛は難しいです。

 

「生え際が後退した」と自分で自覚したり、周りに「ハゲてない?」と指摘されたら、できるだけ早く治療を開始するのがベストです。

 

 

>>トップに戻る